2022年11月占いコラムイメージ

今月の占い

2022年11月の九星気学占い

2022年11月の運勢

今月は物事の進み方が遅い運気に入ります。決まりかけている問題なども止まったりすることもあるでしょう。焦らず運気を上手に活用して細かい面も面倒がらずにすることが結果がついてくると思われます。政治においてもなかなか次のステップになない時ですから、私達にとって考えさせられることもあるでしょう。経済においても、まだまだこれと言った朗報は入って来ないと思われます。生活面での価格の上昇は、本当に大変なことと思います。株価は、やはり上下の動きもありますが、なかなか動きが鈍い時でもあるので現状維持がよいかと思います。自然界は、地震、気温の変化、火山の噴火などに注意したいものです。
気持ちが焦っても今月は、スローテンポでいくことが安全策の一つです。十分な充電をすることがポイントの時でしょう。

2022年11月の九星気学「恋愛運」アドヴァイス

10月は皆さんいかがでしたか?2022年11月の恋愛運のアドヴァイスはこちらです!!
是非参考にしてみてください!

ラッキー星 : 四緑木星、六白金星、九紫火星
注意したい星 : 一白水星、五黄土星、八白土星
自然体が良い星 : 二黒土星、七赤金星

2022年11月 酉の市 占いトリビアコラム

古くは、江戸時代から続いている年中行事のひとつです。主に酉の市と聞くと浅草の西のお寺を初めとして開運招福や商売繁盛を願って熊手を飾る様子を思い浮かびます。
酉の日の祭日が12日(十二支)おきに巡ってくるので、2回の年と3回の年があるのです。
三の酉は現在でも火事が多いと言われています。

さて何で熊手飾るのかと申しますと、酉の市は日本武尊が東夷征伐の勝利のお祝いに松の木に熊手をかけてお礼のお祭りをしたことに由来したと伝わっています。
このような伝統を私達は何気に受け継いでいることも大切にしたい行事と思います。

▼ちなみに、2022年今年の酉の市の予定はこちらです。
  • 一の酉 (11月3日~4日)
  • 二の酉 (11月15日~16日)
  • 三の酉 (11月27日~28日)』 の3回「酉の市」が立ちます。

一白水星吉凶でる月。人からの信用で人気アップの時です。表面だけ合わせてせっすると逆に思われるので注意しましょう。今までの事を評価されて次につながります。
ヒフトラブル・流行病・腸

二黒土星我慢の月。何かと多忙の割には、すぐ結果がみられない傾向ですが、正しい内容には納得できるでしょう。コツコツ努力することが来月、来年に開花するはずです。
体の凝り、風邪、痺れ

三碧木星パワーがある月。体力的にも生活面でも何となくはっきりしないことが多かったかと思いますが、今月は他方面で運気アップするのでやりがいがあるでしょう。
背中の凝り、呼吸器

四緑木星交友関係が広がる月。趣味やプライベートなどでも今までと違う人間関係が築けるでしょう。自分にとってこれからの指針になるようなヒントをもらえることがあるはずです。
咽喉・セキ・歯痛

五黄土星変化の月。今までしてきた行いの結果が出やすい時です。悪しき事には特に吉凶でることがあるので心して行動することが大切でしょう。謙虚さが一番。
腰・体力不足・体調変化

六白金星ラッキー月。人脈や出会い運がよい時です。直感も冴えてよいアイデアが浮かびいろいろと広がりが出てくるでしょう。人脈を上手に生かして仕事などにつなげてください。
紫外線・視力・頭痛

七赤金星自然体がよい月。目下・子供などとの心のすれ違いが起きやすい時です。なかなか相手に伝わりにくいので、イライラせずに大きな見方をしていくことがベストです。
冷え・下痢・風邪

八白土星古いことが浮上の月。目上や年を重ねた方などの面倒な問題が出てきやすい時なので、公平に行動することが大きなポイントでしょう。縁の下の・・・が必要です。
胃腸・便秘・アレルギー

九紫火星盛運月。パワーもあって心も軽やかな運気です。新しい事にチャレンジして一歩も二歩も前進していきましょう。積極的な努力も不可欠です。
肝臓・飲み過ぎ


\しっかり相談してみたい方は /
鑑定依頼はこちらから

たまひよ赤ちゃんのしあわせ名前事典2023~2024年版

中期のたまごクラブ 2022年 冬号

-今月の占い