重陽の節句と十五夜のお話

ハッピーブログ

重陽の節句と十五夜のお話

9/9 重陽の節句

昔中国では、月と日が重なる奇数日が縁起良く、大切な日とされています。陰陽説において9の奇数が重なるこの日特別でした。
平安時代、宮中ではこの日を重んじて宴を開いたそうです。
9月は菊が咲くことから菊の節句とも言われています。
この日は是非菊の花を飾ってお酒に菊の花びら(食用)を浮かべて、楽しんでみるものもよいでしょう。

 

9/10 十五夜-中秋の名月-

十五夜のお月見は、元々は中国の「中秋節」のお祭りが日本に伝わってきて、その後日本古来の侵攻と融合した行事になってきました。
十五夜は、旧暦の8月15日(新暦現在の9月中旬~下旬頃です)に行われる行事で、中秋の名月・観月祭とも言われています。
今年は9月10日です。この頃の満月は、一年の中でもとてもみずみずしくキレイに見える月で、ハーベストムーン(収穫月)とも言われています。
昨今の中、月を眺めて昔の人を偲んだりすることも必要ではないでしょうか。

たまひよ赤ちゃんのしあわせ名前事典2022~2023年版

中期のたまごクラブ 2022年 秋号

-ハッピーブログ